海より山派

ZETA アーマーハンドガードベンド

ミラーを買うついでに、
ハンドガードも取り付け。

今、ナックルガード付きのグローブもあり、
林道の険しい道を走るまでのスキルも無い、
しかも、レバーの交換の方が安い。
という事で、必要頻度は正直低い。

まあでも、諸先輩方が良くやっておられる。
有った方が良い事には変わりないので・・・。

その前に。

マウントも別途購入。
普通に考えて、ハンドルにクランプルするだけだと
回転方向の力に弱いので、面での固定が必要。

クランプの部品が勿体無いので、
バイク以外の用途で使う方法無いのかその内考えてみよう。

説明書に組付け方が書いてある為、
特に問題無く作業できそう。

ミラーを壊したタイミングで、
グリップのゴムも貫通させてしまい
それをボンドで埋めてたものの、今度は自分で貫通。

とりあえず、グリップは純正のままで。
できるだけ純正のままが好き。

反対側を開けると、ちょっとした問題点発見。

スロットルが割れてるー。

あっさり取れたー・・・。
取れたというより、もげた・・・。
写真だとわかりにくけど、ハンドルに接する面ごと取れちゃった。

グリップボロボロだけどまあいいや。笑

トリプルクランプのボルトを外し。

マウントを付けて、
同梱の六角穴付きボルトで共締め。
トルクとか管理した方が良いのかもしれないけど、
特に気にせず締め。

まあ、外したボルトの締め付け具合もバラバラだったし。

パイプの内側から、締め付けるアンカー。
パイプ内径に合わせて調度良い方をチョイス。
これをハンドガードに通して組み上げ。
この時、しっかり奥まで回し込まないと、パイプ内で空回り。

クランプに組み付けてあるボルトを外して、
マウント側に取り付け。

後は位置を調整しながら取り付け。
写真だとまっすぐに見えますが、
ハンドガードの曲がりとマウントとの組み付けの関係で
微妙に斜めになってる。

何はともあれ、
取り付けはできたので機能は果たしてくれると思う!

右は、ハンドル端が左より5mm程度短いようで、
なんとか押し込んでこの位置。
ガードが斜めでアンカーボルトが露骨に見えてるけど、
スロットル操作には、支障は無いので良しとしよう。