海より山派

作業16「小屋根の水漏れチェック」

波板を貼りつけた時に感じていた不安。
雨の侵入、水漏れ状況。
確認の為に屋根に水をかけてテスト。

すると、この黄色ラインから
水がポタポタポタポタと滴り落ちる。笑

どうやら、波板の貼り方がまずかった様子。
一応、下の屋根を入り込むようにしているものの、
その割合が小さかった為
少し横から水をかけると乗り上げて入り込むらしい。

丁度、うちの屋根を修理に来ていた板金屋さんに聞いた所、
風向き次第でも結構入り込むとの事。

水漏れしては、屋根の意味無し・・・。
ここまで作って、無いよりマシ程度のレベルじゃ・・・ねぇ。

でも、下の屋根(波板)の位置を変えるとなると、
穴を更に空けなくてはダメになるので、
波板の切れ端を重ねて取り付け。

上の黄色い部分がそれ。

屋根の重なり方はオレンジのラインが示す通りで、
こうする事で、水が上がってくる侵入を防ぐことが出来た。

これで問題解決。
後日談として、それ以降は問題なく屋根の機能を発揮。

尚、一番上の緑ラインの部分は、
コーキングを打って対応。
こちらも、結構な雨風の日でも大丈夫だった。

>>作業17「裏側の外壁取り付け」へ