海より山派

作業11「床貼り」

土台の骨組みが出来たので、
この上に床を張っていく。

こんな感じで大体均等になるように
小垂木を並べてみると、
この上に乗せる合板が調度良いサイズ。

パイプで土台を作っているのに、
材料を無駄に使いすぎている気がする・・・。
そこで、床の材料を減らす事に。

横に入れていたものを減らし、
番線で直接固定する方法へと変更。

床を張るだけで雰囲気も大分出てきた。

まだまだ先は長いものの
ようやくここまで来たか~という感じ。

強度確認の為に乗ってみると、
板同士の隙間がたわんでしまう状態。
そこで、一加工追加。

本来は、床材として使用する云々は置いておいて
これで十分な強度と安定感を実現。

床貼りの作業自体は、
調度良いサイズに切っては貼っての繰り返しde、
特に難しい事も無く終了。

>>作業12「単管パイプに貫板固定」へ