海より山派

作業10「コンクリートの流し込み」

ブロックとパイプの隙間を埋める為に、
コンクリートを流し込む。

パイプ同士の固定だけでも、
十分な強度にはなったものの、
「どうせやるなら、ちゃんとやろう」という事で、
買ってきたモルコンに適当に水を混ぜ
ジェラート状になった段階でブロックの穴や
ブロックの周辺に盛る。

雨水によって付け根が錆びるのも防げるだろうし。

実際に仕上がりはこんな感じで、
全くビクともしない。問題なさそう。

あとは、
ブロックを置けなかったパイプのベースとして
使用している板にもコンクリを流して固定。

まあ、多少床が傾くかもしれないけど、
この位やっておけば、大丈夫でしょうに。

もし傾いても、内側から簡単に床板を外せるようにしておけば、
補修作業もそんなに大変じゃないだろうし。

>>作業11「床貼り」へ