海より山派

Dプレミアムに社外フロアマット設置

D:5をG→Dへ乗り換えるのに当たって、最初は、純正のフロアマットにするつもりだったものの、ロゴが取れるような雑な作りらしい…。

そのクォリティで7万円は、高い…。

なので独自に購入する事としました。
デザイン的にサラっとしたモフモフ感の無いものを選びたかったのというのもあり、実際に購入してみたのがこちら。

Clazzio(クラッツィオ)のフロアマット。

フロント用。

この3D形状が良いなと思いました。
理由の一つは、運転席のシートを固定する一部が前オーナーからそのまま使用中の社外マットだと、プラスチックのカバーが見えていて時々外れます。

対して、この3D形状のマットは、そこも隠してくれるので安心。
ただし、材質がラバーなので、雨や雪で靴底がぬれた状態だと要注意です。

リア(寒冷地)用。

こちらは、寒冷地仕様のリアマット。
2列目の温風吹き出し口の分の穴が設けられている設計です。

実際に届いたのを見てみたら、一部のレビューにあったような薄いとかちゃちいというような事もなく、必要十分な厚さと思えたので安心。

尚、このフロアマット一式は、楽天(株)ADワタナベという会社が運営するショップから購入しました。

注文後に「納期が最大2ヶ月になるかも」的な事が書かれていて焦り、すぐに問い合わせたのですが、その回答が来る前に商品がメーカー直通で届きました。

中々良いはまり具合です。
微妙なレビューも有ったんですが、個人的には特に気になる部分もありません。

初めて使用した時、フロアマットが気になる事も無かったので大丈夫だと思います。

2列目の取り付けは、レールのカバーを外して行うんですが、微妙にカバーを壊しそうな気がしたので、レーダースイッチ関連の配線作業ついでにお店にやってもらいました。

▼リア取り付け前。

▼取り付け後。

少しオーバーサイズな感じもしなくありませんが、ギリ許容範囲。防水としての使い方を考えると小さよりは良いでしょう。

3列目のシートの収納口に合わせて、ちゃんと形状が作り込まれているので、コストパフォーマンスも悪くない気がします。

3列目を下ろすとこんな感じです。

余談ですが、この車で3列目シートを初めて下ろした時、レールが動かず焦り、結果、ディーラーまで持って行ったんですが、原因は、慎重になりすぎていたから。笑

少し強めにドンと落とさないとレールのフックがかからない。
特に新車の内は…。だそうです。

ヴィッツ以来、10年ぶりの新車なんで…。